日系一本の方が初めての外資系へのチャレンジ(48歳・男性)

> S社:ビジネス向けソフトウェアの開発を手掛けるヨーロッパ最大級ソフトウェア企業。ERP分野においては世界一。

Before1,000万円
業種:日系中小企業向けの会計業務パッケージ・ソフトウェア会社
職種:パートナーセールス

After1,300万円
業種:外資大企業向けエンタープライズソフトウェア(基幹システム)会社
職種:パートナー・アライアンス

担当コンサルタント
Kiyoshi Yokoyama Kiyoshi  Yokoyama

新卒以来、一社で25年以上のセールスキャリアを構築されてきましたが、最も強みとされるパートナーとのアライアンスの仕組みづくりから強化、またセールスチームのマネジメントなど、体制の構築に多大なご貢献をされ、ご自身心底からやり切ったという思いから転職を決意。 バックボーンである基幹システムの知識と、パートナー・セールスのご経験が評価され欧州系の世界トップERPベンダーへご転職。 最も能力を活かせる商材・営業スタイルを見極めるのは当然として、日系と外資のマインドセットの違い(年齢へのこだわり、など)といったカルチャーの部分も丁寧にご説明し、ご納得いただきました。 現在は、アライアンス・事業開発にその手腕を発揮されご活躍中。

転職者の声

ERP領域においては世界最大企業のポジションをご紹介いただき、最初は不安も多々ありましたが、 積み重ねてきた顧客とのリレーションが十分に活かせるとともに、SMBからエンタープライズまで幅広い企業を担当することにより、職責が大きく広がりました。
日系から外資系へと就業環境も変わり、日々新たな思いで楽しく業務を遂行させていただいております。